私の1日のできごととかを書きますvv


by mi-eternal_wing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あなたの分まで。

どぉも。神咲みいなです。
この日記見てる人いるんですかねー??
いたら、BBSに書き込みしよっ!

さぁて、さきほどから雨降ってきたんですけど。
雨って湿気くさくないですか??
私的に、雨振る前って湿気くさいからすぐにわかるんですよね笑

昨日と今日は、午前で授業が終わりでした!!!
いや、うれしかったわ。
でもね、生徒会の仕事あるからって、結局毎回3時まで残って仕事してたのです。
楽しかったからいいけどね。
んでもって、先生の一言に凍りつきました笑
「ぁ、おまえ。すっごい役立つから。仕事も速く終わるし。人の3倍の仕事やるから。」
・・・・・・・・。
おい、まてぇい!!!
人だけ仕事増やさないでください。先生。
みんなのためにも仕事は平等にしましょう!!!

そんでもって、役員の人と話してたのですが。
バカだのアホだのボケだと・・・いろ②言われた・・・。
しかも!!!
「はっ!?お前5位なの!?」
「他のことに関してはバカなのよ。勉強はできるんだけどね。」
なっ!失礼だぞみんなー!!
っもう、慣れてるからいいですよぉーだっ!!!


さて、題名のとーり。
あなたの分までですよ。

日曜日。今日。の夜に、まぁ10時半ごろですよ?
この前の日記から言ってる、男子とですよ?
お互いの家付近にいって、わたしたりわたされたりするものがあったんですよね。
で、それは、全部。
夏休みの宿題関係。
なんていっても、この人の分私がやってます汗
で、その関係のものをね。
全部やるとためにならないから、2つだけやってあげることにしたんです。
あいつは、すっごいよろこんでましたね。
でも、手伝わずにはいられないんですよね・・・。
なんか、野球部なんですけどねそいつ。
どんなに早い時間に始まっても、夜の9時ごろに終わるんですよ。練習。
ちょっと前は、練習早く終わるときには走ってたりもしたんです。
そんなに努力して疲れてるのに、宿題やれって結構大変だと思うんです。
だから、こんな会話したんですよ。手伝う時に。
「夏休みも、ずっと部活だったから、宿題できなかったんでしょ?」
「あぁ。」
「じゃぁ、いつもがんばってるからご褒美あげよう~」
「え!?何!?食い物!?」
「あんたは、食い気ばかりあるね。」
「はっはっは~」
「じゃなくて、私が電気基礎と現代社会の宿題やってあげる。」
「ぇ?」
「だから~何度も言わせないでよ!」
「マジ?」
「当たり前でしょ。」
「ありがとー!さっすが。ぁ、俺英語とかもやってないし。」
「英語はノートだからやってあげれないけど。私のノート貸してあげるから。」
「うっわ~!大助かりだよ!!」
「どういたしまして。」
「でも、お前疲れない?同じことまたやって。」
「別にあんたはそんなこと気にしなくていいの。」
「その代わり、英語と感想文。はちゃんとやってね。で、野球の練習がんばること。これが条件。」
「いいよ!やるから!!本当にありがと!」
「じゃ、がんばってね。」

こんなこと言ってました。
すっごい喜んでましたね。
だから、あなたの分まで。私が宿題やりますってことですよ。

さっきも会ったんですけどね。そのときは。
「はろぉー。」
「ぉ。早いじゃん。」
「そっちが、メールくれたときにはすでに近くでしたから」
「・・・・・。」
「何?どうかしたの?」
「いやさ・・・。」
「どうしたの?雨の中来て風邪でもひいた?」
「違うんだけど・・・。」
「まぁ、ぬれてるし、はぃ。タオル。これで大丈夫でしょ?」
「あ・・・ありがと・・・。」
「で、さっきからどうしたの?らしくないなー。」
「いや・・・その・・・。」
「はっきり言う!」
「だから・・・。」
「熱でもあるの?どれ?ちょっとおでこ触るよ?んー。微妙だね。ちょっとあったかいかも。」
「俺、こんなんじゃ風邪なんてひかないと思う。」
「なら、よかった。じゃぁ、どうかした?」
「おまえってさ・・・。」
「うん。どうした?」
「この前の私服でもそう思ったんだけど。」
「ぁ。やっぱりセンス悪い?」
「違くって、そのさ。そういうキャミソールばっかあんの?」
「暑いから。んー。5,6着ぐらい?でも、いっつも他のと重ね着してるじゃん?」
「そうだけど・・・でも、結構肌みえすぎじゃん・・・。」
「ふぇ?そうなんすか?よくわかんないです笑」
「いや、笑い事じゃねぇし!そんなに、胸元までみえるとこまんだよ・・・。」
「どして?」
「俺だって男なの!わかる!?」
「いや、全然。自分女ですから。」
「まぁ、気にしなくていいんだけど。」
「ん?何?まぁ、私胸ないし笑 大丈夫さー。」
「いや、普通にあると思います。」
「・・・。何変態ちっくなこといってんのー!!」ばしっ!(頭はたいた)
「だって、ほんとじゃん。俺、健全な高校生男児ですから。」
「そう。意味わかんないけど。」
「ほら!手かせよ!」
「ぁ。」いきなり、私の手を自分の心臓付近に押し付ける。
「わかる!?こんなに、ドキドキしてんの!そういうの弱いの!」
「いや、全然わかんなかった。」
「っていうか、私もいきなりそんなことされてもこまる。」
「へ?」
「いきなり手をとって心臓あたりに当てるなんて、そんなことされたことないんだから!」
「ぁ・・ごめん。」
「なぁ・・・あのさ・・・。」
「ぇ?何?」

これ以上は秘密で。自分でもほんと何やってたんだか意味わかんなくなってて。汗
結局1時間ちょっと一緒にいたりしました。

まぁ、こいつの宿題やらなきゃなんで。そろそろ寝ますね。

では。今日の相手は神咲みいなでしたー。(^ワ゚*)ノバイバイ
[PR]
by mi-eternal_wing | 2005-08-31 00:02